「正しいお金の殖やし方と守り方」を教える専門家 FPみのりん

 
瀬戸家みのり
この記事を書いている人 - WRITER -
FPみのりん
2003年、金融機関や保険会社に所属しない「独立系FP」として開業。個別相談、講演、執筆、メディア出演など、幅広い分野で活動。

特に、「おもしろい!わかりやすい!すぐ実践できる!」をモットーにしている講演活動は、「また聞きたい」「うちでも開催して欲しい」という参加者からのリピートと紹介のみで、金融機関や労働組合など全国各地で登壇経験1,500回以上。

また、過去には、提携していた投資ファンドの破たんを経験。
自身と紹介した顧客の資産をほぼ失い、「お金のダークサイド」にどっぷり落ちる。

その後、とあるご縁で年収3億円超の超富裕層「幸せな実業家たち」と出会い、豊かさの学びの機会を得る。

FPとしての知識・経験と合わせて、豊かに幸せに生きていくための「正しいお金の基礎知識」「正しいお金の殖やし方・守り方」を教えている。

家事とグルメとガンプラが趣味の夫と、図書館に住みたいくらい読書が大好きな娘の3人家族。

よくある質問:どうしてFPになったんですか?それは・・・

それは、お金持ちになりたかったから
お金の勉強をすれば、お金持ちになれると思っていました。

でも、FPになってわかりました。
「お金の勉強」だけでは、お金持ちにはなれませんでした。

じゃあ、どうしたらいいんだろう…

なぜ、お金持ちになりたかったのか?幼少期の記憶

さて、なぜ私がお金持ちになりたかったのか。
その理由は、幼少期にあります。

実家は、自営でお店をやっていました。
私が生まれるずっと前・・・それこそ戦前は(笑)地元で一番の売上があったそうです。

お店を立ち上げたのは、父の叔父にあたる人でしたが、40代で亡くなってしまったため、卒業したばかりの父が叔母の元に養子に入り、家業を手伝うことになりました。その後、知り合いの紹介で母とお見合いをし、結婚。私と弟が生まれました。

義祖母は、お店の仕事は全て両親に任せ、自分は金庫番として、好き放題に「自分だけ」お金を使っていました。

例えば…近所の洋食屋さんから、ハンバーグステーキセットを「自分の分一人前だけ」出前を取って、私たちの前で平気で食べているような人でした。私たち家族は「使用人」とでも思われていたのかもしれません。子どもながらに悲しいような悔しいような、とても切ない気持ちになったことを、今でも覚えています。

義祖母は、金遣いが荒いだけでなく、気も強く、言葉もきつい人だったので、両親も従うしかなかったのだと思います。両親は一生懸命働いていたにも関わらず、お金を自由に使うことが一切できませんでした。

義祖母の浪費はその後も続き、結果、お店が傾いただけでなく、たくさんの借金を作っていたことがわかりました。その借金も、両親が全て返済しました。お金がないことで恥ずかしい思いをしたり、近所の悪ガキどもにからかわれたりするたびに、「うちにお金があったらな…」と義祖母を恨みました。

(ところが、大人になってから、いろいろ検証してみると、私が恵まれていないと思っていたのは、「経済的理由」だけではなかったのですが。…それは、「貧しかったエピソード」とともに、また別の機会に書きます)

何となく進学、何となく就職

地元の中学校を卒業し、県立進学校に進学しますが、ものすごくお勉強ができたわけでもなく、「みんなが大学に行くから、何となく」、中途半端に東京の私立短大へ進学しました。

学費は、両親がいろいろなところからかき集めて、工面くれましたが、家賃や生活費の仕送りは難しい。それで、新聞配達奨学生やオペレーターなどのアルバイトをしながら、自活していました。

どうして、学校に行きながらこんなに働かなくちゃいけないんだろう、家がお金持ちだったら…と、何度悲しい気持ちになったかわかりません。

卒業後も、どうしたらお金持ちになれるかわからなかったので、「とりあえず、みんなが就職するから、何となく」、Uターンで受けた地元の東証一部上場企業に内定をいただき、就職。いわゆる、「事務のおねーさん」になりました。

ところが、結婚・出産を機に退職していく先輩の姿を見て、「女性も経済力がないと大変よ」という、小さい頃から母に聞かされてきた言葉が頭をよぎります。

ずっとこの会社には、いられない。。。
どうしたら一生続けられる仕事ができるんだろう?
だけど、実家のような仕事でお金の苦労は、絶対したくない。
どうしたらお金持ちになれるんだろう?

FPの勉強を開始:初めて自分の意志で行動

事務のおねえさんから、独立??
何か資格を取れば、一生稼げて、お金持ちになれるんじゃないか?
今から弁護士は時間がかかるから…公認会計士?税理士?司法書士?

そんな安直な考えの元、いろいろ調べて、夜間に通える司法書士の資格スクールを見つけました。「みんながやっているから、何となく」ではなく自分で考えて行動したのは、たぶんこれが初めてのことでした。

平日昼間は会社の仕事、就業後は専門学校へ。土日は、朝から専門学校のビデオブースで補講。今、思えば、よく勉強したものです…

司法書士の勉強をしながら、力試しのつもりで「宅建」を取得。
そこから、「宅建とのダブルライセンスが有利な資格」でいうことで、注目され始めたばかりの「ファイナンシャルプランナー(FP)」の勉強を始めました。

CFP・FP1級を取得:とにかく面白かった

このFPの勉強が面白かった!
お金の知識さえあれば、お金持ちになれると思っていたので、なおのこと力も入ります。

勉強がしんどくなることもあったけど、でも、面白さの方が勝り、3年がかりでCFP認定者(上級資格)・1級FP技能士の資格まで取得しました。
残念ながら、司法書士の資格を取ることはできませんでしたが、あの時に一生懸命学んだ民法や不動産関連法の知識は、今も役に立っています。

さて、独立してFPの仕事をしたい!と思っていても、そう簡単には行きません。
独立直後は、早朝5時から魚市場で長靴着用の派遣事務、午後はセミナーや勉強会に参加したり、ブログを書いたりしていました。

新聞雑誌での執筆から地元テレビ局のコメンテーターなどなど

まだ「FP」という資格・職業が知られていなかった時代です。
だからこそ「独立系FP」がほとんどいなかったので、知り合いからセミナー講師や個別相談の紹介をいただけるようになりました。

さらに知人からの紹介で、カルチャースクールでのFP資格取得講座の講師保険代理店さんの顧問契約新聞・雑誌での執筆生命保険会社や住宅メーカーの社員研修や住宅展示場での講演会。そして、ひょんなご縁から地元テレビ局のプロデューサーを紹介され、情報番組のレギュラーコメンテーターを務めさせていただくまでになりました。

こうして個別相談や執筆、講演の仕事が定期的にいただけるようになると、少しずつ経済的・時間的にも余裕ができ、東京の経営塾や自己啓発の勉強会などにも参加できるようになりました。そこからさらに人脈が広がりました。

当時は、こぢんまりと活動している辣腕トレーダーがたくさんいて、彼らの主催する株式やオプション、先物などの「投資勉強会」にも参加していました。そこまで学んだ知識や情報をお客様にご紹介したり、自分で実践していました。

リーマンショックによる破綻

そんな中、リーマンショックの煽りを受け提携していたトレーダーが破たん自分だけでなく、ご紹介したお客様が運用資産をほぼ失うという窮地に陥りました

「投資判断は自己責任」であることは間違いないのですが、お客様に情報提供したのは私です。お客様にメリットがあるお話だと思って、お役に立ちたい一心でご紹介したものが、期待とは全く異なる結果になってしまった。お客様からどれだけ優しい言葉をかけていただいても、責任を感じずにはいられません。顧客サポートや法的な後処理に追われる中で、精神的にも追い詰められ、夜も眠れない日々が続きました。

そんな時、親身になって助けてくれるFPや投資家の先輩もいました。ご自身の経験から、これから何をどうしたらいいのか具体的な道筋を示してくれたり、時には、私の気持ちが軽くなるように、ご自身の武勇伝をご披露下さったり…本当に救われました。
誠意を持って、今の自分にできるだけのことをしっかりする。自分の役割を果たした後は、感謝と反省を常に忘れず、気持ちを切り替えて生きていく。
時間はかかりましたが、私もいつしか前を向いて進んでいけるようになりました。

この時、私は、いわゆる「お金のダークサイド」を見てしまったのだと思います。

お金って、一瞬でなくなることがあるんだ…
お金って、人を変えてしまう力があるんだ…

お金持ちになりたくて、お金の勉強をしてきているのに、
どうしてお金持ちになれないんだろう?
何がおかしかったんだろう?

常に疑問を心の片隅に抱えていました。
その後、講師や個別相談の仕事に全力投球しながらも、頭から離れることはありませんでした。

人生の転機となる師・メンターとの出会い

そして、ある時。
ある勉強会で一緒になった方から「知り合いのFPがセミナーをやっているんだけど、すごく稼いでいる人で、きっと勉強になるから」と誘われました。

この頃の私は、資産運用や利殖には全く興味がありませんでした。
それよりも、「幸せにお金と付き合っていく」ために、さまざまな心理学や脳科学、量子力学、カウンセリング、マーケティングなど、幅広い分野の勉強をしていて、「顧客や社会に貢献することだけが、お金を稼ぐ正しい手段」だと信じていました。

なので、そのセミナーにも、行くつもりは全くありませんでした。でも、(人の良い)私は、断りきることができず、義理を立てて、しぶしぶそのセミナーに参加することにしたのです。

しかし!
そのセミナーの講師の方が、私が長年抱えてきた疑問の答えを持っていたのです。
私が理想とする「顧客や社会に貢献することでお金を稼ぐ」だけでなく、「豊かに・幸せに・自由に生きる」までも実践されていたのです。

あぁ、これが私が本当に求めていたものだった!

私は稲妻に打たれたような衝撃を受け、ストーカーのように追いかけて(笑)、その方を勝手にメンターに認定し、師と仰ぐことにしました。

そして、いろいろなことを教えていただく中で、ビジネスパートナーの方々ともつないでいただいたのですが、まぁ…日本だけでなく、世界を股にかける本物の実業家、超富裕層の方ばかり。そして、みなさん、もれなく私の理想とする生き方を実践されていました。

本物の実業家・超富裕層は、お金に対してフラットに付き合えるだけでなく、日本だけでなく海外の経済や法律など、とにかく幅広い分野の知識・経験・人脈を持っています。私が、あの時「お金のダークサイド」に落ちた理由も、あっさり教えてもらうことができました。(これが、驚くくらい簡単な理由でした。これもまた別の機会に。)

お金と自分自身を好きになること

自分が知らない世界の話を聞くことは、とても刺激的で、いつもワクワクしながら話を聞いていました。
そんなある時、メンターの一人から、決定的な言葉をもらいました。

*************
お金持ちになるために一番大切なのは、
まず、お金と自分自身を好きになること

「I Love Money !  I Love Myself! だよ」
これが実践できていない人が、実はけっこう多いんだよね。
*************

そ、そ、そうだったのか!!

この一言で、今まで自分が学んできた全ての知識…FPや法律の勉強はもちろん、さまざまな心理学や脳科学、量子力学等々、本当に全ての学び…ひとつひとつが、パチパチパチと音を立てて、パズルのピースのようにつながったような感じがしました。

この時、私は幸せなお金持ちになるための「具体的な方法」がわかったのです。

「その方法」を実践するようになって、明らかにお金の回り方が変わり始めました。ステージが変わったというのでしょうか、「お金と仲良くなる」ということが理解でき、言葉で伝えることができるようなりました。

そして、その方法を自主開催の講座でも伝えてみたら、

「急に収入が増えた」
「お金の不安がなくなった」
「今まで貯金できなかったのに、自然とお金が貯まっていた」
「毎日穏やかに生活できるようになった」
「車を手に入れた」

さらには(なぜが)
「夫婦関係が円満になって、ラブラブになった!」
「結婚できた!」
「あこがれの地に海外移住しちゃった!」

などなど、うれしい結果を聞かせてもらうことができたのです。
やはり、本物の実業家・超富裕層の習慣・行動は、再現性があるんだ!みんなに効果があるんだ!と実感しています。

私からみなさんへメッセージ

お金持ちになるために必要なことは、「FPの勉強をすること」ではありませんでした。

だけど、私はFPの勉強も、FPとしての仕事も大好きです。
特に、講師として、私が学んできたことをお伝えすることで、セミナーに参加してくださった方が喜んでくれたり、豊かになってくれることは、この上ない喜びです。

これからも、自分自身が「お金持ちになる方法」を実践しつつ、FPとして、本当に豊かに生きていくために「正しいお金の基礎知識」、「正しいお金の殖やし方・守り方」を伝えていきたいと思っています。

将来が不透明な今だからこそ、誰しも「お金の勉強」が必要です。でも、それは「FPの勉強」とは違います。
「FPの勉強」は、制度や手続きが多いのですが、これらは一生懸命覚えてもみなさんの役に立つことはほとんどありませんし、改正等ですぐに変わります。そういったことは、必要になった時に、その都度知っている人(例えば私とか!)に、聞けば済むことです。

制度や手続きではない、豊かに・幸せに・自由に生きていくために本当に必要な「お金」について、学び・実践していきましょう!

著者:保有資格一覧

  • CFP認定者
  • 1級ファイナンシャルプランニング技能士
  • 宅地建物取引士有資格者
  • 教育資金アドバイザー
  • NLPビジネスプラクティショナー
  • NLPプラクティショナー(マスター受講中)
  • ABHヒプノセラピスト
  • シータヒーリングインストラクター
  • アクセスバーズインストラクター
  • 日本オラクルカード協会インストラクター
  • 漢字検定2級 など

簡易プロフィール

2003年、金融機関や保険会社に所属しない「独立系FP」として開業。個別相談、講演、執筆、メディア出演など、幅広い分野で活動。
特に、「おもしろい!わかりやすい!すぐ実践できる!」をモットーにしている講演活動は、「また聞きたい」「うちでも開催して欲しい」という参加者からのリピートと紹介のみで、金融機関や労働組合など全国各地で登壇経験1,500回以上

また、過去には、提携していた投資ファンドの破たんを経験。自身と紹介した顧客の資産をほぼ失い、「お金のダークサイド」にどっぷり落ちる。その後、とあるご縁で年収3億円超の超富裕層「幸せな実業家たち」と出会い、豊かさの学びの機会を得る。
FPとしての知識・経験と合わせて、豊かに・幸せに・自由に生きていくための「正しいお金の基礎知識」「正しいお金の殖やし方・守り方」を教えている。

特技は、雑学・なぞなぞで、家では「クイズの女王」と呼ばれている。いつかアタック25に出演して、海外旅行を獲得するのが夢。
家事とグルメとガンプラが趣味の夫と、図書館に住みたいくらい読書が大好きな娘の3人家族。

この記事を書いている人 - WRITER -
FPみのりん
2003年、金融機関や保険会社に所属しない「独立系FP」として開業。個別相談、講演、執筆、メディア出演など、幅広い分野で活動。

特に、「おもしろい!わかりやすい!すぐ実践できる!」をモットーにしている講演活動は、「また聞きたい」「うちでも開催して欲しい」という参加者からのリピートと紹介のみで、金融機関や労働組合など全国各地で登壇経験1,500回以上。

また、過去には、提携していた投資ファンドの破たんを経験。
自身と紹介した顧客の資産をほぼ失い、「お金のダークサイド」にどっぷり落ちる。

その後、とあるご縁で年収3億円超の超富裕層「幸せな実業家たち」と出会い、豊かさの学びの機会を得る。

FPとしての知識・経験と合わせて、豊かに幸せに生きていくための「正しいお金の基礎知識」「正しいお金の殖やし方・守り方」を教えている。

家事とグルメとガンプラが趣味の夫と、図書館に住みたいくらい読書が大好きな娘の3人家族。

関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

最新記事 - New Posts -

Comment

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© fp-harvest.com , 2019 All Rights Reserved.